王寺町のそろばん教室は亀井そろばん教室へ

新ソフト!レジあん登場です!

先生  「じゃじゃじゃじゃーーーん!」

かめ  「おっっっ!もしや、これは・・・?」

先生  「そうです!待ちに待った、レジあんがとうとう我が教室に入りました~!」

かめ  「ちょっと画面暗くない・・・?」

先生  「まあまあ。さあ、次の画面に行くよ!」

先生  「これはトレーニングモードです。17級から10段まで1問ずつ練習が出来ます!」

かめ  「気が遠くなりそう・・・」

先生  「そうでもないよ!やり出すとあっと言う間だから!」

かめ  「先生、このカシャーンカシャーンが頭にひびく・・・」

先生  「何言ってるの!この音が昔のレジを思い出させてくれるんじゃない!あー懐かしい」

かめ  「えっと・・・?何十年前の事かな・・・?」

先生  「さあ、かめちゃん!5桁のレジあん、作って練習するよ!」

かめ  「ええ?無理だよ!先生がやってよー!」

Wface5へ参加して来ました!

先生  「5月5日にチャイルドスクールで講習会が行われました!Wface5(GO)です!」

かめ  「お~先生が沢山!大繁盛だね!」

先生  「しかも!かめちゃん、見て!先生の隣!だーれだ(笑)」

かめ  「・・・工藤先生かな・・・」

先生  「そ~!左手の神ですよ!一日中、お隣!うふふ~」

かめ  「こわっ・・・ストーカーじゃん」

先生  「いいの!間近で見ると、左手さばきがマジすごい!教えて貰ったから、先生も頑張ってみる!」

かめ  「講座はどうだったの?」

先生  「第一講座は、我らがアイドル、上南先生でした~!」

先生  「三代目そろばん奮闘記!素晴らしい内容でした!」

かめ  「二時間目は?」

先生  「そろばんルーム石川塾の石川先生!初めてお会いした先生だったんだけど・・・これまた、毒舌・・・もとい、きれっきれの先生で。うちの教室でこんないい方してたら、生徒の半分が辞めていきそう・・・とイメージしてました(笑)」

かめ  「それぞれのやり方、信念があるからね~」

先生  「石川先生のお父さんの書籍が偶然、ゲット出来ました~」

かめ  「石川先生じゃなく、先生のお父さんね・・・」

先生  「うん・・・そこ、つっこまないで・・・」

かめ  「第三講座は?」

先生  「えっとね。もうなんか、はっきり覚えてない!眠くて眠くて!しかも、二進法とか、四進法とか、さっぱりな事を言われてたから、記憶に無い!」

かめ  「え~?それでいいの~?」

先生  「いいの!(笑)今回の講習会で、沢山の先生方と、お友達になれてうれしかったな~。ほとんど、全珠連の先生方なんだけど。某連盟と違って、とてもフレンドリー!」

 

先生  「そして、宝物が一つ、増えました!ツーネットの竹内社長から参加者へのプレゼント!」

かめ  「えっ。名前入り・・・?」

先生  「そー。一人一人、名前が入ってるんです~。宝物になりました!竹内社長、本当にありがとうございました!大事に大事にします!そして、話かけて下さった沢山の先生方、本当に嬉しかったです。また来年、お会いできるのを楽しみにしています!乾先生、素晴らしい講習会をありがとうございました!感謝です!」

 

亀ちゃんの独り言(4/26)

かめ  「先生・・・元気・・・?」

先生  「はいは~い!元気だよ~!」

かめ  「前回から結構空きましたね~」

先生  「ね~。最近、ネットの予約が半端無くて」

かめ  「ゴールデンウイークも教室、やるの?」

先生  「もっちろーん!毎年やってますよ~。ただし、今年は16時からのクラスと17時からのクラスのみですがゴールデンウイーク中は、ネット生の授業の枠を増やす事にしました!」

かめ  「おおっ!先生、すごいやる気だね~」

先生  「すぐに予約が来ましたよ~!連休中、朝の8時から夜の10時まで、ずっと授業。倒れるかも」

かめ  「その間にも、研修があるんだっけ?」

先生  「そう・・・5月5日と、5月6日の2日間」

かめ  「倒れるよ・・・」

先生  「頑張る・・・」

先生  「教室の方も、しっかりやりますよ~!毎日、イベント発生(笑)」

429日・・・ソロン3Day

430日・・・景品半額Day

51日・・・新元号記念!ソロン5倍&景品半額Day

52日・・・・ガシャポンDay

53日・・・・ソロン3Day

54日・・・・景品半額Day

56日・・・・ガシャポンDay

先生  「どう?すごいでしょ?」

かめ  「このガシャポンDayって何・・・?」

先生  「・・・うん・・・ね~?どうしよっかな・・・」

かめ  「え~?何それ~?」

先生  「当日、考えるわ~!さあ、かめちゃん、練習しっかりやるよ!」

かめ  「え~?せっかくの休みなのに~!いやだよ~!」

 

 

亀ちゃんの独り言(2/14)

かめ  「ん?先生、今日は朝からどちらへ?」

先生  「今日はね、チャイルドスクールの乾先生の所で写真撮って貰うの!」

かめ  「写真・・・?・・・遺影・・・?(ベシッ)」

先生  「違います!プロのカメラマン、上田健次さんに写真を撮って頂けるとの事で!プロフィール写真にね。ありがたい~」

かめ  「おお!んじゃ、ちょっとはやせて見えるかな・・・(ベシッ)」

先生  「これが、普通に写真撮って貰うのとは違って恥ずかしい~!その点、他の先生達は慣れてたな~。乾先生、めっちゃ慣れててね!かっこよかった~!上南先生もすごかったなあ」

かめ  「仕上がりが楽しみだね~」

先生  「他の先生の写真が欲しい(笑)自分のはいいや( ;∀;)」

かめ  「まあまあ(笑) それより、先生、これなーに?」

先生  「これはねー、フラッシュロードといって、フラッシュ暗算の進捗を管理する表です!京都にある田中そろばん塾の塾長・田中真弓先生が作って下さいました!かわいいでしょ?」

かめ  「うん、かわいい!んで、先生、右のはははって何・・・?」

先生  「もー、かめちゃんバカだな~。はははって!そろんマネーが書いてあるじゃん!」

かめ  「あー!なる程ね!んじゃこれやったらそろんマネーが沢山貰えるんだね」

先生  「そうだね~どんどんやってみて!」

かめ  「はーい、んじゃ明日から・・・」

先生  「はあ?何、言ってんの!今からやりなさい!」

かめ  「えー?やだよ~助けて~!!」

亀ちゃんの独り言(2/11)

先生  「かめちゃん、聞いて!」

かめ  「はいはい、聞いてますよ。何ですか?」

先生  「今日は何の日でしょう!」

かめ  「今日・・・?試験・・・?」

先生  「ピンポーン!だけど、ブッブー!」

かめ  「意味わかりませーん」

先生  「今日は、工藤由季夫先生に会える日!2カ月ぶりに!」

かめ  「あー!左手の神様!対戦したの?」

先生  「・・・。」

かめ  「しなかったのか。先生、練習してないしね~(ベシッ!)」

先生  「それは置いといて!それより、見て、先生のソロバン!何か今までと違う感じしない?」

かめ  「(痛い・・・)別にいつもの先生のソロバンですが?」

先生  「もー。工藤先生が弾いて下さったんですー!神が宿りましたよ!明日からどんな問題もスラスラよ!かめちゃん、貸してあげないから!」

かめ  「別にいいです・・自分ので。。しっかり練習して対戦の約束、果たしてね」

先生  「頑張る!そしてね。今日はチャイルドスクールの乾先生にもお会いして、新しいアイテム、ゲット!」

かめ  「例のやつですか?」

先生  「そうそう。例のやつですよ。じゃーん!」

先生  「そろんマネーです!かわいいでしょ!」

かめ  「かわいいけど。これ、生徒さん、貰えるの?」

先生  「うん。ビンゴになったら①ソロンかな。
かめ  「へー。頑張って貯めよう」

先生  「さあ、カメちゃん、次は証明写真、撮って貰いに行くよ!」

かめ  「はあ?先生、一人で行って来なよ~!!」

亀ちゃんの独り言(1/16)

先生  「明けましておめでとうございます!今年も宜しくお願い致します!」
かめ  「先生、今日、何日か知ってる・・・?」

先生  「もちろん!なんで?」
かめ  「年が明けて二週間経つのに、今ごろ新年の挨拶って・・・」

先生  「だって~色々忙しかったんだもん!」
かめ  「はいはい、解りましたよ~。では、今年の抱負をどうぞ!」

先生  「今年の抱負か~・・・。とりあえず、生徒さん、100名超える事かなっ!」

かめ  「教室に入るの・・・?」

先生  「無理だね・・・。」

かめ  「・・・え~・・・。他には・・・。」

先生  「今年こそ、満点10段目指したいな~。練習時間あるかな・・・。それよりさ~」

かめ  「それよりって。なんですか。」

先生  「新しいシステムが導入されました!」

かめ  「いきなりだな~。どんなシステムなの?」

先生  「読上げ算のシステムで、その名も、よみまろ!」

先生  「どう?かわいくない?かわいいでしょ?」

かめ  「かわいいよ。一番下に英語読上げ算ってあるけど。先生、英語出来たっけ?」

先生  「そこ、つっこんじゃ駄目!」

かめ  「(地雷か・・・) え~、やってみて生徒さんの反応は?」

先生  「読んでる先生の滑舌が悪いって(笑)」

かめ  「あはは。まあ、慣れだよね。」

先生  「そうそう。どんどん練習して下さいね!」

かめ  「ねえ、先生。クリスマスカップの順位は・・・?」

先生  「はっ!ちょっと待って下さい~!かめちゃん、読上げやってみて!」

かめ  「なんで~!先生がやってよ~!」

 

亀ちゃんの独り言(12/16)

先生  「ふん、ふん、ふ~ん(^^♪」

かめ  「こわっ。なんでそんなにご機嫌ですか。」

先生  「15日にチャイルドスクールの乾先生のお教室に行って来ました~」

かめ  「あー、旗!かわいいね!ずっと待ってたもんね~」

先生  「ね~。念願のたまちゃんの旗ですよ!早速、飾っちゃった。」

かめ  「それでご機嫌だったのかー。」

先生  「ノンノン!なんと!お客様がいらっしゃいました!」

かめ  「へー。どなた?」

先生  「こちらの方です!」

かめ  「・・・どなた?」

先生  「控えおろう!この方をどなたと心得る!」

かめ  「だから知らないんだってば!」

先生  「そろばん日本一に3回もなられている工藤由季夫先生です!」

かめ  「先生、知ってるの?」

先生  「それがですね~お話してる間に記憶が戻って来ましたよ。」

かめ  「ボケ老人・・・?」

先生  「失礼な!違う!先生が16歳、高1の時に出た全国大会の時の優勝者!わかる?神ですよ!神様!左手のマジシャン!ゼーゼー・・・(←興奮しすぎ)」

かめ  「あ、なるほど。先生のわっかーーーい時のレジェンドなんだね。」

先生  「そう!しかも、工藤先生が解いてる問題、わかる?うちの教室の暗算Basic解いて下さってるんだよ!」

かめ  「あ、本当だ。字がきれい!」

先生  「そして。色紙まで頂きました~」

先生  「かめちゃん、見て!左下!」

かめ  「いつか対戦しましょう?ははっ、無理でしょう!・・・(バシッ)」

先生  「工藤先生にお会いして、現役時代の闘争心に炎が付きましたよ!明日から練習しまくります!まだまだ練習すれば、神に追い付ける!・・・気がする・・・涙。」

かめ  「今日からやらないんだ・・・。」

先生  「神様の工藤先生と対談までさせて頂いて!収録して頂きました~。」

先生  「夢のような3時間でしたよ~。」

かめ  「おー、嬉しそうに。選挙活動みたい。」

先生  「違うし!さあ、かめちゃん!練習するよ!」

かめ  「はあ?先生だけでいいじゃん!いやだー!!」

亀ちゃん通信(11/28)

昨日、またまた、天理のチャイルドスクールの乾先生に会いに行って来ました!

(一体、何度目の訪問だろう・・・(笑))

今日は、なんと。まなぶてらすで同じそろばん講師の「としひこ先生」のお兄さん!

黄 俊豪(こう しゅんごう)先生にお会い出来るとの事で行かせて頂きました。

写真まで撮って貰っちゃいました(^^)/

黄先生、本を出版されているんです~。

サイン、して貰えるチャンスだったのに・・・。

買うのを忘れていたんです・・・( ;∀;)

ですが★サインして、本を送って下さるとの事!神様みたいです・・・。

楽しみに到着を待ってます!宜しくお願い致します!

そしてそして・・・。なんと、ポケモンgo仲間(笑)

嬉しくて友達申請しちゃいました♬

黄先生のソロばなの回に、私もギャラリーで参加させて頂きました!

ちょこっと、出て来ます(笑)ぜひ、ご覧下さい♬

亀ちゃんの独り言(11/23)

先生  「今日は勤労感謝の日だね~」

かめ  「そうだっけ。」

先生  「そうだよ。先生に感謝して!!」

かめ  「(・・・なんでだ!) ゲスト呼ぼうよ~」

先生  「あ。ごめんごめん~いったんご・・・」

かめ  「はい!今日のゲストはなんと二名!二年生の大中結羽ちゃんと三宅伊織ちゃんです!」

先生  「わ~い♬パチパチバチ・・・」

かめ  「え~。では結羽ちゃん。いつからやってますか?」

結羽ちゃん  「1年生の2月からです。」

かめ  「ふむ。まだ10ヶ月ぐらいかな?今、何級?」

結羽ちゃん  「6級の練習中です!」

かめ  「順調だね!週に何回来てますか?」

結羽ちゃん  「2回です!」

かめ  「ではでは。目標の級・段位は?」

結羽ちゃん  「10段です!」

かめ  「おー!頑張ろうね!では。将来の夢は?」

結羽ちゃん  「ディズニーシーのレストランの人になりたいです!」

先生  「ディズニーシー好きなんだね!先生もランドよりシーの方が好き~」

かめ  「ふむふむ。では、こわーい先生に一言!」

結羽ちゃん  「怖くはない(笑) いつもありがとうございます。お腹がすいているので、お菓子が食べたいです。そして、毎日パーティーがしたいです!」

先生  「えっと・・・。ごめんね~教室ではお菓子食べるの、禁止だからね。でも18時からだとお腹すくよね・・・。毎日、パーティー・・・?う~ん・・・ごめんなさい!」

かめ  「あはははは!夢がいっぱいで楽しいじゃん!」

先生  「では、次に。三宅伊織ちゃんです!パチパチパチパチ」

かめ  「では、伊織ちゃん。いつからやってますか?」

伊織ちゃん  「1年生の4月からです。」

かめ  「1年と半年ぐらいかな。今、何級?」

伊織ちゃん  「6級の練習中です。」

かめ  「結羽ちゃんと一緒だね!」

先生  「そうそう。二人とも、わり算のスピードが足りない感じだね。」

かめ  「週に何回来てますか?」

伊織ちゃん  「週に2回です!」

かめ  「では。目標の級・段位は?」

伊織ちゃん  「10段です!」

かめ  「みんな10段だね(笑) 先生に言わされてる?」

先生  「ちょっと・・・かめちゃん?失礼だぞ~」

かめ  「あはは。では。将来の夢は?」

伊織ちゃん  「本屋さんです。」

先生  「先生も本屋好き~!」

かめ  「先生に一言どうぞ!」

伊織ちゃん  「パソコンしたいです。あと、お菓子が少ない!パーティーもっとしたい!」

先生  「おっと・・・なんか、いっぱい要望が出て来たね。はい!対応します!」

かめ  「お菓子が少ないって何・・・?」

先生  「伊織ちゃん、18時からの授業だから、お菓子が少なくなってるんだよ~。補充しろって事だよね、きっと。」

かめ  「あ、なるほど。前の2時間の生徒さんに取られてるっと話ね。」

先生  「そうそう。でも、先生、悲しいのは、お菓子貰っても「ありがとう」が言えない事だよね。ご家庭のしつけの問題になるんだろうけど。「ありがとう」言ってくれる人、1人ぐらいしかいないんだよね。ゴミは道路にポイ捨てされるし・・・。ううっ、悲しくなってきた」

かめ  「マジ泣きしてる場合じゃないでしょ。勤労感謝の日だし、誰か言ってくれるよ。」

先生  「今日だけ?いやだー。」

かめ  「はいはい。では。今日のゲストは大中結羽ちゃんと三宅伊織ちゃんでしたー。」